水素サプリメント、水素化粧品のユニライフジャパン株式会社。水素、原料に関する用語集ページ

〒101−0048 東京都千代田区神田司町2-9

用語集


水素原料関連 用語集

水素
 水素(hydrogen)は、原子番号 1、原子量1.00794の元素(記号: H)です。
元素の中で最も軽く、宇宙に最も多く存在します。地球表面では酸素・ケイ素に次ぐ存在で、 その多くが水として存在しています。
マイクロクラスター(microcluster)
 マイクロクラスターとは、アメリカのフラナガン博士が特許を持つ、ナノレベルのシリカと微量ミネラルを配合したパウダーです。
 マイクロクラスターの原料は、クエン酸カリウム・炭酸カリウム・二酸化ケイ素(シリカ)・硫酸マグネシウムの4つから構成されており、 水分と反応すると、膨大な量の水素を発生させ、活性酸素の中和・除去(抗酸化)をして自己免疫力を高めます。
 詳細は、マイクロクラスター(フラナガン水素)をご参照下さい。
パトリック・フラナガン博士(Patrick Flanagan)
 マイクロクラスターを開発したアメリカの物理学者であり医学者です。
1962年、17歳のとき、雑誌「ライフ」で最も潜在能力のある科学者10人に選定され、1994年にマイクロクラスターテクノロジーでノーベル賞にノミネートされました。
活性酸素
 酸素分子がより反応性の高い化合物に変化したものの総称。
活性酸素にはスーパーオキシドアニオンラジカル、過酸化水素、一重項酸素、ヒドロキシルラジカルの4種類があります。
 詳細は、マイクロクラスター(フラナガン水素)の活性酸素とは、をご参照下さい。
PH
 英語読みでピーエッチ、ドイツ語読みでぺーハーと呼ばれ、液体の酸性、アルカリ性の程度を表わす指数です。
pH=7 の場合は中性とされ、pHが小さくなれば酸性が強く、逆にpHが大きくなればアルカリ性が強いとされています。
ORP(酸化還元電位)
 ORP(酸化還元電位)とは、Oxidation-reduction Potentialの頭文字をとった呼び方です。
ある酸化還元反応における電子のやりとりの際に発生する電位差のことで、酸化還元状態を表す数値です。 単位はmV(ミリボルト)で表されます。酸化状態ではプラスになり、還元状態ではマイナスの値になります。
溶存水素量
 溶液中の溶存水素を表した数値で、ppmまたはppbという単位で表されます。
ppm(パーツ・パー・ミリオン)は、100万分のいくらであるかという割合で、1ppm=0.0001%です。 同様にppb(パーツ・パー・ビリオン)は、10億分のいくらかという割合で、1ppm=1,000ppbとなります。
二酸化ケイ素(シリカ)
 二酸化ケイ素は、地殻の約60%を占めるケイ素の酸化物で、シリカ(silica)とも呼ばれています。
結晶性シリカと非結晶性シリカの2つに大別され、健康食品として使用されているシリカは、発がん性のない非結晶性のものです。生体中にも皮膚、髪、骨などに含まれる必須ミネラルとして微量のケイ素が存在し、免疫力に影響を与えたり、肌の保湿、骨・髪・爪、コラーゲンの再生・構築・維持など手助けしています。
クエン酸カリウム
 カリウムは、さまざまな体の機能のために重要なミネラルです。
細胞膜の栄養素の転送だけでなく、体内の酸-塩基バランスと神経系のメンテナンスにとって重要です。クエン酸カリウムは、クエン酸と結合しており、吸収性に優れ、医療では尿や血液が酸性に傾いたときに弱アルカリ性にもどす場合に用いられています。
 また、清涼飲料水を始め各種の加工食品にも利用されています。
炭酸カリウム
 炭酸カリウムは、カリウムの炭酸塩です。
水に対する溶解度が高く、水溶液はアルカリ性になります。木灰に多く含まれ、石鹸・ガラス・かん水・医薬品などに利用されています。
硫酸マグネシウム
 硫酸マグネシウムは、硫酸とマグネシウムの塩で、エプソム塩とも呼ばれます。
合成法で作られているほか、天然では海水を濃縮して食塩を採取した残りの液(にがり)中にも含まれてもいます。 農作物の肥料、発酵食品の栄養源、医薬品としては便秘や低マグネシウム血症、腸内をきれいにする目的などで使用されています。